佐川急便 アルバイト・パート・
準社員 求人情報

PROFILE軽四セールスドライバー宮崎 弾さん(25歳)勤続3年10ヵ月

PROFILE軽四セールスドライバー宮崎 弾さん(25歳)勤続3年10ヵ月

「一緒にもっと高みをめざさないか」
正社員へのきっかけになった上司の言葉。
働く環境が促進する自分の成長とやりがい

上司からの言葉がきっかけで
明確になった目標

最初は佐川急便が業務委託を受けていたある大手家電量販店で倉庫担当として働いていました。その時の雇用形態は短時間勤務。通いやすさと仕事も自分にとって無理なくできそうだったことから始めましたが、倉庫で発送作業をしているうちに、「モノの流れ」を考えるようになりました。毎日1万とか2万という数の荷物の発送を目の当たりにして、経済の動きをイメージするようになりました。そう考えると仕事も面白くなってきます。倉庫の中で発送の手続きをしたり、セールスドライバーの方たちとコミュニケーションをとるうちに、自分自身がモノを動かす当事者になることに興味がわいてきて、セールスドライバーを含めて、佐川急便の中のドライバー職全体の仕事に目が行くようになりました。そんな時に声をかけてくれたのが今の上司です。「ドライバーに興味があるなら、もっと仕事そのものが広がっていく可能性がある。一緒に高みを目指してみないか」。自分自身の仕事ぶりを見ていてくれて、私がドライバーに興味を抱いていることにも気づいていてくれた。そのことにも嬉しくなり、また、憧れにもなっていた軽四セールスドライバー職ということもあって、上司からの誘いを前向きにとらえ、正社員をめざすことにしました。
軽四セールスドライバーとしてスタートして、現在4ヶ月。セールスドライバーとしての仕事はまだまだこれから。倉庫の発送作業も並行して行いながら、セールスドライバーの仕事を勉強しています。これまでやっていた発送や集荷業務については経験もありますが、営業という側面ではまさにゼロからのスタート。教えてもらってというより、先輩のセールスドライバーの皆さんの仕事を見ながら吸収するようにしています。独り立ち研修を受けて、認定試験に合格すると正社員のセールスドライバーとして最前線に立つことができます。そのために、先輩たちの仕事ぶりをいいお手本にしながらしっかり吸収するように努めるようにしています。

営業面でのスキルを磨いて
存在感あるドライバーに

今はまだ佐川急便のサービス全体の把握はできていませんが、少しでも早くご案内できるようになりたいと思います。身近な目標として捉えているのが、直属上司の主任です。つねにお客様の視点に立って、自分自身がどう動いたらいいかを考えています。現場のため、会社のため、何ができるかを一生懸命考えて仕事に取り組んでいる姿を見ていると、自ずと目指すべきセールスドライバー像が見えてきます。積極的に、仕事に取り組む姿は気持ちいいですよね。いつのまにか私自身も仕事に向き合うスタンスが、主任のようになってきたと思います。たとえば、新しいサービスや商品の内容を覚えるのも、教えてもらうのを待つのではなく、自分から積極的に情報を取りに行くようにしています。また主任以外でも、自分が目標にする人が身近に多くいるのも、恵まれていると思いますね。部署を統括している係長のメンバーとのコミュニケーションスタイルから職場環境づくりの大切さを学ぶこともありますし、ベテランのセールスドライバーからは、お客様とのエピソードを聞いたり、ふだんの気配り、気遣いのポイントを見せていただいたり。軽四で経験を積んだら、2t車に乗ってみたいとも思っています。2年経ったら中型免許、3年経ったら大型免許、というように具体的に将来の目標も見えてきました。運転スキルだけではなく、車が大きくなれば、それだけ扱う荷物も変わってきます。営業する内容も、扱う規模も大きなものになってくるでしょう。そうなると自分自身のステージもさらに上がってくるはずです。セールスドライバーに誘ってくれた上司の、「一緒に高みを目指さないか」の言葉が、少しずつ実現する予感がして、自分自身、とても楽しみです。

志が高い人と一緒に
これからも成長していきたい

毎日が楽しくて、きついと思ったことはありません。むしろいろんなことを学んでいって、視野が広く、周りに気を配り、頼りにされるセールスドライバーになりたいと思っています。倉庫担当として仕事をしていた大手家電量販店では忙しい日は、発送作業や荷受け作業でめまぐるしく人が動いています。サポートできることはないか、周囲の動きを見て、自分自身も動くようにしていますが、それも上司や先輩たちの仕事を見ていて学んだことです。お互いに声をかけ、コミュニケーションを積極的にとることで仕事の正確性が増すばかりでなく、職場全体の雰囲気も良くなります。お客様との関係性を築くだけでなく、毎日のこうした現場でのコミュニケーションが、職場環境を良好にすることを学びました。こうしたこと1つとっても、成長する機会はいくらでもあることも佐川急便で学べたことだと思います。お手本になる人と毎日接していると自然と影響も受けて、視点も考え方も変わってくるのが分かります。仕事に前向きに取り組めて、自分の成長につなげられる環境にいるのは本当に得していると思いますし、またセールスドライバーに誘ってもらった時にも感じたことですが、頑張っている姿をしっかり見ていてくれて、やればやるだけ評価してくれるのも、佐川急便の職場の良さだと思います。
これから入社を目指す方に改めてお伝えしたいのが、佐川急便のセールスドライバーの仕事は、やる気がある人、成長意欲がある人、自分から積極的に動くのが好きな人にとっては、最高の環境だということです。積極的に仕事を学ぶ方には、周囲もどんどん情報をくれますし、ステップアップをしっかりと後押ししてくれます。オンとオフのメリハリある雰囲気が自分自身の意欲を高めてくれます。「一緒に高みをめざしてみないか」という言葉、志が高く、これから佐川急便を応募する方にもぜひ、メッセージしたい言葉ですね。

ご応募の方はこちら

ご応募の方はこちら

その他の先輩インタビュー

セールスドライバー宮崎 凱亜さん(32歳)勤続2年4ヵ月

カスタマーサービス岩本 鈴音さん(27歳)勤続1年10ヵ月

セールスドライバー宮崎 凱亜さん(32歳)勤続2年4ヵ月

カスタマーサービス岩本 鈴音さん(27歳)勤続1年10ヵ月